新型コロナウイルス感染拡大防止に関する本園の考え方と対処について

 新型コロナウイルスの感染が続き、本園でも対策を取りつつ保育を進めています。行事の取り組み方にも影響が出るなどしていますが、出来るだけ本来の目的が達成できるよう努めているところです。

1.保育室等園内の対策について

  • 園内はドア等よく手が触れるところは、毎日アルコールなどで消毒しています。
  • 保育室では、換気を行っています。また、空気清浄機を各室に設置しています。
  • 園児の座席は、机一台につき3名までとしています。

2.園児について

  • 園児の体調が優れない場合は、理由が何であれ登園を控えて下さるよう、お願いしています。
  • 本園はこれまで、園児が一日中マスクを適切に着用しているのは難しいとの理由から着用を義務づけていません。そのことは現在も変更ありませんが、季節により風邪などで咳が出る場合は、欠席するか、登園する場合には自主的にマスクを着用してくださるようお願いいたします。

3.園児の兄弟姉妹が通う学校で感染者が出た場合の、ご家庭での対応について

  • 感染者が出た学校が休校になった場合は、園児についても登園を自粛して下さるようお願いします。兄弟姉妹の休校が解除されましたら、園児についても登園して結構です。また、この理由で登園を自粛した場合は、出席停止扱いとし、欠席数には算入しません。なお、申し訳ありませんが、自主的に登園を自粛した場合は、欠席扱いにさせていただきます。

 このような対策で、令和2年度は結果的に大過なく過ごしてきましたが、この先どのような事態になるか予想できない面があります。感染が園に近づいてきたような際は、あらためて対策について検討いたしますが、当面、上記の対応で保育を行ってまいります。